活動状況
平成27年9月26日
 

市川児童相談所を訪問

【平成27年8月10日】

 
2015年8月10日(月曜日)、市川市東大和田にある市川児童相談所を訪問し、現状と課題、今後の課
題解決に向けた対策などについて視察を行ってまいりました。
児童相談所は、児童福祉法第12条の規定により設置されています。
全ての児童が心身ともに健やかに育てられるという主旨のもと、18歳
未満の児童の福祉に関するあらゆる相談に応じています。
 
問題の解決に当たっては、必要により調査・面接・一時保管等の方法
を用いて、種々の診断(医学的・心理学的・社会学的等々)を行い、児
童や保護者にとっても最も適する援助がなされるよう努めています。
 
組織としては@庶務課A相談調査課B診断指導課C一時保護 課が
設置されています。
 
現在千葉県内には各所管轄毎に6箇所、千葉市が政令市として1箇
所、合計7箇所の児童相談所で対応しています。
 
今回視察をした市川児童相談所の所管轄は市川市・船橋市・鎌ヶ谷

        
市・浦安市の4市、面積は181.44kuと一番狭い地域にもかかわらず、人口が1,359,223人と一番多
い地域で、世帯数・児童数とも一番多い地域となっているのが特徴的です。
 
昨今増加の一途をたどっている児童虐待相談については市川市でも同様であり、市としてもさまざまな対策
を講じているところではありますが、市川児童相談所においても相談受付件数は平成25年度でも1000件
を超えている状況でありました。特に性的虐待が増えていること、高校生の相談が増えていることが目立っ
てきているとのことでした。
虐待から子供を守るための、相談については発生予防、発見、初期対応、自立支援に至るまで切れ目がな
い支援が必要であり、子ども家庭を取り巻く地域の関係機関が連携をとれるネットワーク体制の構築が不可
欠だと痛感をしました。
今回は施設内の一時保護の施設状況も見せていただくことが出来ました。現在市川児童相談所では20人
定員のところ、2歳から高校生までの27人を受け入れている状況とのことでありました。

 

施設内での学習状況、アレルギー除去食の対
応、生活空間の現状等、諸課題を含め意見交
換を行って参りました。
 
さまざまな生活環境に暮らす子供たちがいる中で
、千葉県では、子供たちの最善の利益を図るた
めと取り組みを強化すると共に、全ての子供たち
自身が幸せに向かって成長できるように寄り添い
支え合いながら業務を進められている感じる一方
で、さまざまな課題解決のために、あらゆる手法
や連携を重ね、更なる努力、改善をしていかなけ
ればならないと実感をいたしました。
 

 
   
 
すべての子供たちの明るい未来のために・・・
守屋貴子は全力をあげてまいります。