千葉県市川市 市議会議員
千葉県 市川市 小岩井 清 活動状況/平成19年2月活動報告

こいわい
きよし
小岩井 清

活動状況/平成19年2月

 

小岩井 清、守屋 貴子新春のつどいが1月27日(土)午後6時30分から八幡会館

  で会場をうめつくす程の参加者で開かれました。
   
  小岩井 清は36年間感謝の心をこめて、守屋 貴子は政治活動スタート決意をこめて、
  と銘打って新春のつどいが1月27日(土)午後6時30分から会場一杯の参加者で開か
  れました。統一地方選挙を戦う市川市議会議員予定候補守屋 貴子に激励の輪が大
 

きく拡がって熱意につつまれました。激励にかけつけて下さった7月の参議院議員選

  挙の予定候補でもあります民主党千葉県連代表、長浜 博行衆議院議員から広中和
  歌子参議院議員をはじめ民主党各級議員を紹介いただきました。 守屋 貴子の市
 

川市議会議員選挙、小泉文人の県議会議員選挙とともに政治決戦を勝ち抜く力強い

 

ごあいさつをいただきました。来賓紹介の後、小岩井 清は政治活動36年の熱いご支

  援に感謝申し上げ、あわせて後継者の長女守屋 貴子がご支援・ご指導をとお願い
  申し上げました。最後に大きな拍手で段上に立った守屋 貴子は「市民の心、女性の
 

眼で人も自然も輝く市川をつくります。」と力強く決意表明をすると会場は大きな共鳴

  の輪が拡がりました。早川僖一郎清風会会長の発声で高々と乾杯をしました。
   
  その後なごやかな雰囲気の中、守屋 貴子を囲んで親しく食事と歓談の時間をもつこと 
  ができました。
  歓談の時間が流れるなか守屋 貴子の友人の高野裕子さんと伊藤亜記さん お二人
  によるクラリネット2重奏でディズニーの中から「ミッキーマウスマーチ」「小さな世界」
  アラジンより「ホールニューワールド」を披露していただくと会場からあふれんばかり
  の拍手が沸き起こりました。楽しく和やかな雰囲気の中にも、守屋 貴子は決意を新
  たにし、新春のつどいの幕をとじました。
   
 
 
 ≪小岩井 清36年感謝の心をこめて≫ ≪守屋 貴子政治活動スタート決意をこめて≫
≪高野 裕子さん     伊藤 亜記さんの演奏≫
 
≪会場受付風景≫
 新春のつどいにて4月の決戦にむけて決意を述べた守屋 貴子の主旨は
   以下の通りです。
 
  本日は、小岩井清・守屋貴子新春のつどいにお越しいただき、ありがとう
  ございます。小岩井清の長女、守屋貴子でございます。「市民の心と女性
  の眼で人も自然も輝くいちかわをつくる」この決意を胸に日々活動して参
  りました。ご来賓の皆様には日頃から私を導き、ご指導いただいておりま
  す。本当にありがとうございます。清風会の皆様には、父・小岩井清にと
  同様、いいえそれ以上にご指導やご鞭撻をいただいています。大変ありが
  たく感謝いたしております。朝の駅頭は11月1日よりスタートしました
  。はじめは父と共に駅に立ちましたが少したってからは一人で行くように
  なりした。そんな私と共に朝駅に立ちリーフを配ってくれている友人たち
  がいます。朝、主婦にとってとても忙しい時間にもかかわらず、ご主人
  やお子様を送り出した後、寒い中を手伝いに来てくれる姿を見ると本当に
  勇気が沸いてきてがんばるぞという気持ちになります。また私のことを自
  分の友達からまた友達へと支持を広げてくださり、紹介してくれる友人た
  ちがいます。本当に皆さんに支えられ、応援していただいているおかげで
  今の私があるのだと思います。皆様に大変感謝もうしあげ、その期待に応
  えることのできるようにさらに身を引き締め、がんばってまいります。ど
  うぞよろしくお願い申し上げます。
 
  また本日は司会のほうからもご案内がありましたとおり、お子様連れの方

  も参加してくださっています。この時間帯、そしてこのような会にお子さまと

  参加してくださることに大変感謝の気持ちでいっぱいです。私自身も育て
  中でございます。もっともっと女性もまた子育てをしていても身近政治を
  じられる、そして参加できるような環境をつくってまいりたいおもいます。
  ご列席の皆様には行き届かない点もあるかとは思いますが子どもは未来
  を担う宝物でございます。どうぞ皆様のご理解、ご協力をお願い申し上げ
  す。4月15日決戦の日まで3ヶ月を切りました。ぜひ皆のお力をお貸しい
  ただき、私を市川市政へとお送りいただきたいと思います。私も全力を尽く
  してまいります。どうぞよろしくお願い申し上げます
 
  最後になりましたが、 今年一年が皆様にとりましてよき年となりますように
  ご祈念もうしあげまして私のごあいさつとさせていただきます。
 


小岩井 清 トップに戻る